福林寺について

蓮の装飾
福林寺境内

福林寺は山号を松陽山と言って曹洞宗で
創建は
元亨3年
(西暦1323年)4月と
なっております。
姫路城主赤松則村の家臣、向山城主
後藤左馬守が
当時の
殺伐戦乱による
無常と悲哀を痛感し、隠棲の土地を
寺院として
専心仏道に修したと言われて
います。
旧寺は江戸期文化14年に大火事により
類焼しましたが、
文化15年3月18日姫路城主酒井雅楽頭始め
領中の寄進により

復興しました。
昭和52年には寺院にあった仏像一体と
石棺仏一体が
姫路市文化財に指定され
ました。
その後老朽化が激しいため平成2年に
再建を発願し、
有緑の方々から浄財を
仰ぎ、同年12月9日本堂と
地蔵堂を
新築、山門鐘楼堂を修復しました。

文化財-石仏地蔵-

石仏地蔵

お地蔵さんは半跏趺座像で、こう云う
形式の
石仏は非常に珍しいそうです。
昔から願かけ地蔵として親しまれ、
お地蔵さんの廻りに置かれている
丸い石で
身体の悪いところを摩ると
お地蔵さんが
癒して下さると言われて
います。

文化財-石棺仏-

石棺仏

播磨地方では珍しい大型の家形石棺の蓋で
六、七世紀のものとの事。
石の内面に五輪卒塔婆をきざんだ
五輪卒塔婆板碑と称するべきもの
だそう
です。

子安地蔵

子安地蔵

お地蔵様は子安地蔵と呼ばれ、出産、育児、
進学等子供の成長、発育、開運を見守って
下さる
霊験あらたかな仏様です。

法要について

蓮の装飾

墓地、各種供養に関することは、
お気軽にご相談ください。

  • ・ご葬儀
  • ・ご法事、ご法要
  • ・仏事、納骨
  • ・各種祈願、先祖供養、水子供養
  • ・墓地あり(他宗派の方も可)
墓地の画像

年間行事

  • 1月
    新年祈願
  • 3月
    彼岸供養
  • 8月
    盆供養
  • 8月17日
    施食会
  • 9月
    彼岸供養
  • 11月8日
    祠堂経会
  • 12月31日
    除夜会
  • 1月
    新年祈願
  • 3月
    彼岸供養
  • 8月
    盆供養
  • 8月17日
    施食会
  • 9月
    彼岸供養
  • 11月8日
    祠堂経会
  • 12月31日
    除夜会

永代供養墓について

蓮の装飾

永代供養墓について

永代供養墓

令和2年7月に永代供養墓および合祀墓を
健立させて頂きました。
今までの私たちは自分の生まれた土地で
お墓を守っていくことが当たり前でした。
しかしながら現代では生活様式が変わり「子供がいない」「後継ぎがいない」
「身寄りがいない」など様々な理由で
お墓を守ることが困難になりつつ
あります。
このような問題に対し、皆様の大切な
ご先祖様を福林寺が責任をもってご供養

いたします。

ご案内

  • ①永代供養墓
  • ご遺骨は20年間保管可能とし、
    それ以降は合祀とする。
  • ・永代供養料 20万/一霊
  • ②合祀墓
    (墓じまいによる合祀)
  • ・合同納骨料 10万/一霊
  • その他
  • ・宗派を問わず納骨できます。
  • ・福林寺の檀信徒になる必要は
    ありません。
  • ・毎年、お盆、お彼岸に先祖供養を
    行います
  • ・維持管理料は不要です。
  • ・一般のお墓と同様にろうそく、
    お線香等でいつでもお墓参りが
    できます。
  • ・希望者様には、別途費用(3万円)
    にて、名入れを行います。

拝観について

蓮の装飾

曹洞宗 福林寺

〒679-2122
姫路市豊富町御蔭1831

tel : 079-264-4666

fax : 079-264-8585

最寄り駅
jr播但線 仁豊野駅から徒歩14分

新着情報

蓮の装飾
PAGE TOP